猫の去勢手術受付のその後

私の顔見てにげたところ。家庭内野良猫状態です。

先日、去勢手術のため動物病院に行きましたが血液検査の結果、肝臓の数値が高いことが判明して手術取りやめとなりました。ホルモンの影響もあるかもしれないがとにかく数値を下げるということで投薬することとなりました。で、薬を飲まそうとすると全く飲まず大変苦労することとなりました。他の子は口の前に薬を出すと大抵ペロッと舐め取って簡単でしたがこの子は見向きもしません。仕様がないので口を開けさせて薬を入れるとやっぱり吐き出します。何回かやって飲ませたり飲ませられなかったりしてましたが、じきに顔を見ると逃げ出すようになってベッドの下や家具の隅に隠れて家庭内野良猫状態になりました。鳴き声やスプレー的なことも多くなってきたので去勢はさせる必要がありとにかく薬を飲ませようとしています。amazonでピルスポットなるフードの中に薬を入れて飲ませるものがあったので購入して皿に載せて居場所の前に置くようにしました。薬の味やニオイに抵抗があるわけではないのでそのうちに食べているようでした。他の猫が見つけるとすぐ食べようとするのでそのあたりに注意が必要ですがなんとかなりそうでホッとしています。今日はあまり手荒なことをしなくなったせいかいつものように撫でろと呼んでいます。なんとか肝臓の数値が下がって去勢手術を受けれるようになれば良いなと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL