映画 CATS を見た

前評判は非常に悪いなか見てきました。まずCATSについては有名なミュージカルということ以外ほぼ知らなかったので猫たちが一夜の歌と踊りのコンテストで天上に登る猫を決めるというストーリーでそれ以外ほぼストーリーないということを知りました。故に映画としてストーリーを追う楽しみはほぼ有りません。そしてビジュアルですが、しばらくすれば慣れるのかなと思ってましたがまったく慣れない上、違和感がすごいので後半は直視するのがやや困難でした。またGや残飯で絵面の良くない場面があるので画面を楽しむこともやや難しい部分が有りました。ダンスというかバレエや撮影は素人目にも凄いのが分かるので画面に集中できれば良かったのですが先の理由で堪能したとは言い難いです。そして有名ミュージカルなのに良いと思える曲がメモリーくらいでノレませんでした。吹替版を見たので根本的に語感が良くないことや意味を追ってしまうという理由もあります。と、ほぼ個人的な感性の問題ですがストーリーも画面も曲もイマイチという退屈な鑑賞となりました。逆に画面に違和感なく曲も好きであれば楽しめると思います。元が有名で熱狂的なファンのある演目なのでどう映画に落とし込んでも批判はあると思いますが、大きな予算の映画なので少し話を映画向きにして感情移入出来るようになっていると歌の力と相まって感動的なものになりそうです。監督が舞台の大ファンらしいので舞台そのままの迫力を伝えようという試みかもしれませんがよく分かっているからこそ、この作りなのかもしれません。興行収入的に大苦戦のようですが舞台をそのまま映画にしようという企画の失敗のように思います。舞台を見ている人にはどういう評価なのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL